日本の離婚率は約35%。
つまり、3組に1組は分かれていることになります。
その結果、バツ1も決して珍しいことではなくなっています。
しかし、いざ離婚するとなると、簡単なことではありません。
子どもの問題をどうするのか。
経済的な問題はどうするのか。
世間体もあることでしょう。
仕事に影響を与えることもあるでしょう。
そのようなことを考えると、なかなか結論を出せずに悩んでいる人は少なくないのです。
やはり、このような問題は一人で悩み、1人で結論を下すのではなく、誰か信頼できる人と相談することが大切です。
相談相手がいるだけでも、大きな慰めや励ましになることでしょう。
また自分1人では思いつかないようなアドバイスをもらうことができるかもしれません。
だから、まずはいろいろな人に相談し、意見を聞いてみることです。
また、法律に関することについては弁護士に尋ねると良いと思います。
特に親権の問題やお金に関することなどは、法律も絡んできますので素人ではわからないことが多いです。
専門家の意見を聞けば、何が最善の方法なのか判断することができると思います。
離婚問題は心身ともにすり減っていくものです。
しかし、いろいろな人の助けをいただきながら、前を向き、新しい生活を目指して一歩歩み出すことが大切ですね。