今の時代、未来に託す年金も見通しが悪く、暮らしていけるかが深刻化しています。
公的年金支援支給額は、夫婦で年間おおよそ280万円と言います。
老後となれば、医療費などもかかりますので、年間400万円ほどの生活費がないと暮らしていけないという現実があります。
受給年齢の引き上げをしていく一方、受給額の減少といったことで、今後の老後が不安になることも多くあります。
では、どうしたら老後をゆとりある生活が出来るようになるかが課題となってきます。
年老いて働くこともできないとなれば、事業をするという選択肢もあります。
そこで株式会社STARTが提案するのが、マンション経営です。
マンション経営をすることで、毎月一定金額が収入として入るので、年金とあわせてゆとりある暮らしをしていけます。
さらに、次世代の人にも遺産を残せるのでマンション経営をしている方々が増えています。
マンション経営に興味を持ったのであれば、株式会社STARTにのセミナーなどに参加して見てはいかがでしょう。