披露宴会場には華やかなドレスを着た招待客が訪れます。披露宴の全体の結婚式写真を撮影する時には、招待客全員が写る事は稀で、披露宴に招かれた新郎新婦の親族が結婚式写真に新郎新婦と一緒に撮影に臨む事になります。通常の結婚式写真には新郎新婦が最前列の中心に座る事になり、新婦の親族は新婦側に、新郎の親族は新郎側に位置して結婚式写の撮影をします。神前婚式の衣装を着るのには洋装と比べるととても時間がかかり、独特のメイクも施されるためにぜひとも結婚式写真の撮影をして残しておきたい一枚です。この神前婚式の人気復活の兆しが見られます。十二単を着て望む披露宴もあり、昔の人はこんな大変な思いをしてまで着飾っていたんだなという新たな発見がある事でしょう。そんな記念に残る結婚式写真は以来を受けた写真の専門家の手によって抑えておきたい披露宴のポイントポイントが撮影される事になります。人生で一番輝いている瞬間の結婚式写真です。
挙式・披露宴撮影|ブライダル・ウェディングフォト、結婚写真のレクエルド